デリヘルのいいところは、いろんな場所に派遣してくれるところだろうね。

風俗に行く・・・っていうんじゃなくて、自分のフィールドで風俗を楽しめるっていうところかな。

しかも特に四国中央の場合、派遣範囲の広いデリヘルが多いから、新居浜とか西条あたりからも呼ぶことが出来る。

まだまだ四国中央のデリヘル系の風俗は発展途上だから、割と安価で楽しむことが出来るっていうのもいいところだよね。

これは地方のデリヘルの特色だと思うけれど、時間が短くて料金も安いっていうオプションが用意されているとこが多い。

もちろん、僕が学生時代にいた八王子にもそういう店はあった。

ただ、そういう風俗激戦区になるとピンサロもあったりで、それぞれがそれぞれのテリトリーを守っているって感じ。

ところがここ四国中央はまだ風俗発展途上なので、普通のデリヘル店が、大きく割引をしたりする。

これは見逃せない。

僕の好きな人妻系のデリヘルなんかは、時々40分で5000円を切るサービスとしたりしている。

これは安いよね。

この時間も微妙で、30分と40分は微妙な違いがあるけど、出来ることは大きく違う。

僕は基本的に最低時間は40分は必要と思っているので(手コキヌキサービスは別としてね)、これはうれしい割引。

ちょっと予算が少ない時は、こういう店を探してしっかりとデキちゃうのが四国中央あたりの風俗のいいところだったりするわけ。

もちろん、高級系のデリヘルもあるからそのあたりは好みと予算に応じて・・・だよね。

しかしデリヘルっていうのはすごいよね。

この無店舗型風俗店っていうのは、いまや日本全国を席巻していると言っても過言じゃあない。

僕は大学は東京の大学(とはいってもキャンパスは1.2年時八王子にあったので、東京のはずれっていうべきだけど・・)に行ったんだけど、その時に覚えたのがデリヘル。

ソープランドとか店舗型の「いかにも私は風俗です」的なビルに入るのがどうにも出来なくて、ホテルで呼べるデリヘルっていうのをぼちぼち楽しんでいたわけ。

とは言っても学生の身。

そんなに頻繁に行けるわけじゃない。

バイト代がすべて風俗に消える・・・っていうのも避けたい事態だしね。

就職は地元に帰って四国中央で。

東京は確かに暮らしやすかったけど、人も多いし、自然は少ないし、ずっと住むにはちょっと??って感じだった。

ジモティが持ちあげるのはどうかと思うけど、四国はとにかく気候が良い。

僕は東京の乾燥する冬が特に苦手だった。

必ず風邪引いちゃうんだよね。

四国は確かに暑いとは思うけど、東京の照り返しと比べれば全然いい。

平地は少ないけど、山が海までせり出していて本当にいいところなんだ。

まあ、欲を言えば、店が少ないとかそういうこと。

風俗もそんなに・・・・と思っていたんだけど、うれしいことに最近は四国中央にどんどんデリヘルが進出してきている。

もう20店舗以上はある感じかな?

いろんなタイプのお店が出来てきているし、それに地元の娘も多いんだよ。

四国中央、なかなか楽しめる街になってきています!